おうちで充実生活

超内向型の筆者おすすめ!1人の時間を充実させる過ごし方厳選6選

内向型のみなさん、心安らぐささやかな1人の時間をどのようにお過ごしですか?

なんとなくぼーっとする、自分の趣味に没頭する、勉強に精を出す…

どれもこれも正解でも間違いでもなく、人それぞれ。

ですが、「内向的な気質を持っているからこそ、1人の時間にこれをしたら心地が良いのでは?」といった過ごし方がいくつかあります。

本記事は完全に筆者の経験と主観で列挙していくので、人によってはあまり共感しづらい過ごし方もあるかもしれません。

ですが、内向型に合いそうな過ごし方を思いつくだけたくさん列挙するよりも、自分が本当に満足している過ごし方を列挙したほうが有益かと思い、今回は6つに絞りました。

「自分も内向型だよ!」という方は、自分の性格や言動と照らし合わせながら「これなら自分にも向いてるかも!」という過ごし方を探してみてくださいね。

夢中になれるものを探そう!

「普段の生活において、他人と関わることに疲れる…」
「うまく疲労感と向き合うにはどうすればいいの?」

というかたは、

「心が疲れやすいうえに疲れがとれにくい内向型へ贈る、5つの疲労対策」

を参考にしてみてください。

読書

思慮深さに定評のある内向型にとって、読書がぴったりです。

ジャンルは書籍でも漫画でも雑誌でも、なんでもかまいません。

自分の感情を揺さぶるもの
自分の関心をそそるもの
何度も反芻したくなるもの

そうしたものに多く触れることで、あなたの内面は豊かになります。

例えば、自己啓発系の書籍なら、普段自分の内面について悩んだり考えたりする時間の多い内向型にとって、新たな知見をもたらしてくれます。

また、雑誌なら、情報を多く取り込むことを好む内向型にとってよい情報の収集源となります。

実際に今は雑誌読み放題サービスが普及しており、筆者は月額380円の「楽天マガジン
」サービスを利用しています。

自分の興味ある分野も興味ない分野も幅広く読めるのが魅力!

読書は一人の時間が確保できたり好きでないとなかなか集中することができませんから、そういった意味でも内向型にとって読書は適正といえるでしょう。

物語の深掘り

少し「読書」と被るところもありますが、共感力・想像力の高さに定評のある内向型は、物語の深掘りをしてみましょう。

アニメ、映画、ドラマ、漫画…これもジャンルは問いません。

内向型って共感力が高いので、ある感動シーンで涙がこぼれてしまったり、登場人物に共感しすぎてこっちも辛い気持ちをひきずってしまう、なんて現象がたびたびあるんです。

あのとき登場人物は何を感じていたのか?この伏線は一体何を意味しているのか?そういった物語の細かい部分や核心部分にどんどん引き込まれて考え込んでしまうのです。

ひきずってしまうとリアル生活に支障が出るので、そのへんは心をコントロールする必要はありますが、この共感力を生かしましょう。

方法はいろんなものがあります。例えば…

作品や著者が好きなコミュニティに入って語り合う
考察しているブログやYoutubeを見る
SNSを使って自分で発信する

見てると面白いもので、一つのシーンに対しても様々な解釈があります。

「この解釈は思いつかなかった!」「いやいや、それはあのシーンで〇〇だから違うよ」など、深掘りすればするほど自分と他人の解釈違いに気づくことができますし、面白みも増します。

本人は夢中になって考察したり読んだりしているので、時間もあっという間に過ぎるし充実感もあります。

「そんな伏線なんて時間が解決してくれるんだから今ある情報で必死に正解探しても意味なくね?」と思う人もいるでしょうが、そのへんはコンテンツへの捉え方・楽しみ方の違いかと思います。

共感力の高い内向型こそ、コンテンツを深掘りすることで内面の感情が揺さぶられ、コンテンツをより一層面白く楽しめることでしょう。

不用品の整理

内向型は外部の刺激に敏感で疲れやすいのですから、刺激を減らすことが疲労解消の近道です。

普段から不要な意思決定の機会を減らすために、不用品の整理をしてみましょう。

実際に、人は1日で9000回ほど意思決定しているといわれています。

朝ごはんは何を食べるか、服装をどうするか、ギリギリまで家でゴロゴロするか、間に合わなさそうだからバス停まで走るか…etc

これだけでも十分意思決定にふりまわされている気がしますが、現実はこれの1800倍は意思決定しているというわけですから、そりゃ疲れますよね…。

ここで注意しておきたいのは、不用品とは単純に「価値のないもの」「使い道がないもの」という意味ではないということです。

自分にとって…

  1. お金
  2. ポジティブな感情
  3. 時間

のどれか1つでもあてはまるものは手元に残しておくようにしましょう。

①お金は、自分の収益が発生させる道具のことです。いわゆる仕事道具があてはまります。

②ポジティブな感情は、自分にとってモチベーションとなるものです。好きなアイドルのグッズやお気に入りの洋服などが当てはまります。とはいっても、あまりにも多すぎて部屋を圧迫している場合には整理しましょう。

③時間は、時間を短縮できる便利な道具のことです。圧力鍋や食洗機、乾燥機などが当てはまりますね。

「ただ捨てるだけではもったいない!」という方は、「メルカリ」等のフリマアプリを利用するといいでしょう。

写真を撮ったり説明文を書いたり値段設定を考えたり…。

余計な意思決定は増えてしまいますが、こだわりの強い内向型にとって出品作業はさほど苦ではないはずです。

不要な意思決定を減らすことで頭の中もスッキリするので、毎日少しずつでもいいので不用品の整理をしてみましょう。

ガーデニング

内向型・外向型関係なく、緑のある生活は癒しを与えてくれます。

しかし、細かくてクリエイティブな作業を好む内向型こそ、ガーデニングに向いていると筆者は感じています。

実際、筆者は多肉植物を中心に栽培しています。

写真は2019年2月ぐらいに撮影した、実際育てている多肉たち!

「ガーデニングって水やりすればいいんでしょ?」と単純なわけでもなく

植物ごとに水やり頻度調整
コバエ対策
遮光ネット設置
剪定・葉挿し
成長期で植え替え

など、なかなかやることは多いです。

ただ、多肉の場合水やりは週数回でOKですし、休日のヒマな時間に手入れしてあげるぐらいで十分間に合うので、そんなに時間を奪われるというわけでもありません。

ただし、ちゃんと状態を見てあげないと病気のサインや水不足・やりすぎのサインに気づけないので、気付いた時には手遅れになって枯れてしまうケースもあります。

実際、特に最初のうちは枯らすことも多々経験してきましたが、無事に成長し続けている子たちもたくさんいます。

2週間ぐらいの頻度で写真を撮っておくと、あとで見返すときに徐々に大きくなっていくのが時系列で振り返ることができ、面白いですよ。

あと、多肉植物ってメルカリで売れるんです!知ってましたか?

蒸れやすい夏は厳しいですが、色づく秋~冬はたくさんの多肉の株や葉が売買されています。

ホームセンターよりも明らかに種類が充実していて安価なので、買うのも売るのも本当にオススメなんです。

剪定したついでにメルカリで売ってお小遣い稼ぎ…なんてこともできるので、案外かかる費用はプラマイゼロぐらいにはなってくれます。

しかもねずみ算方式で、簡単にどんどん増やすことができるよ!

植物の色づきや成長に興味がわく人は、ガーデニングを始めてみると楽しいと思いますよ!

ストレッチや筋トレ

インドアの趣味が多い内向型は、家で簡単にできるストレッチや筋トレに励みましょう。

身体を動かすならジムに行くとかランニングするという選択肢もありますが、外部の刺激が気になる内向型にとっては若干の敷居の高さがあります。

例えば、「ジムに行くまでがダルすぎる」とか「ランニングしてるのを知人に見られたくない」とか、考えたことありませんか?

かといって、家でゴロゴロしているだけだと不健康まっしぐらです。

長時間同じ姿勢で座りすぎているときは特に、休憩時間でストレッチするのを意識してみましょう。

筆者は、気が向くごとにワンダーコアを使っています。

人間は運動することで疲労を感じますが、運動不足によっても疲労を感じます。

運動することによってストレス解消ホルモン「エンドルフィン」が分泌されることも分かっており、疲れやすい内向型こそある程度の運動が必要なのです。

インドア傾向のある内向型であるからこそ、ある程度のストレッチや筋トレを意識して隙間時間に取り入れてみましょう。

花やハーブの香りを嗅ぐ

超個人的な趣向ですが、リラックスしたいならアロマではなく本物の生花やハーブの香りをかぐのをお勧めします。

内向型は五感の刺激反応が鋭いので、アロマよりもよりナチュラルな香りをかぐ方が向いているからです。

そもそも世間一般、つまり外向型がいい匂いとして認知している香水や香りの強い柔軟剤、アロマの類は、内向型にとってあまり好みではないと思うのです(このへんは筆者の主観です)。

よくアロマの匂いをかぐとリラックスするという文面を見かけますが、筆者は柔軟剤とかアロマの匂いでさえ、きつく感じるときがあるんですよね。

アロマだとウッド系や柑橘系ならまだいいのですが、他だとかなり臭く感じてしまいます。

「フローラルの香り」だとかもよく見かけますが、本物とは全然香りが違います。

生花だと季節や種類、量にもよりますが、冬で2週間ほど夏で5日ほどは楽しめます。

ハーブだとバジルやアップルミント、ディル、レモングラスあたりの香りが素敵です。

ほのかに香ってめちゃくちゃ癒されます。アロマの比ではないです。

五感に敏感な内向型だからこそ、生花を飾ってみたり、ハーブを料理に取り入れてみたりしてみてください。

まとめ

本記事では、1人の時間における過ごし方を6つご紹介しました。

読書
物語の深掘り
不用品の整理
ガーデニング
ストレッチや筋トレ
花やハーブの香りを嗅ぐ

共感できるもの、取り入れたいものはありましたか?

自分に合った一人の時間の過ごし方を見つけて、快適にオフを楽しみましょう!