仕事術

自己開示できない部下は嫌われる!上司と良好な関係を築き上げる5つの方法

自己開示できない部下は嫌われる!上司と良好な関係を築く5つの方法

「人から嫌われても平気」というひとはなかなかいないでしょう。

それもそのはず。なぜならこの社会は「対人関係」によって成り立っており、対人関係をおろそかにすると人は生きてはいけないからです。

実際、職場における悩みの第1位は「人間関係」と言われています。

「人間関係」とはつまり、「上司と部下の関係」と言い換えることができるでしょう。

「上司と部下の関係」がうまくいっていない人は、高確率で職場で悩み苦しむことになります。

では、この苦しみを解消するためにはどうしたらよいでしょうか?

本記事では、「上司との人間関係に悩んでいる人」に向けて「良好な関係を築くための5つの方法」を紹介していきます。

本記事を読んで、職場での憂鬱な気分を吹っ飛ばせるようになろう!

上司と良好な関係を築く方法

上司をネガティブに見ない

上司をネガティブにみない

あなたは、苦手な上司に対してつい遠慮したり嫌そうな態度をとったりしていませんか?

もしそうなら、できるだけ上司に対して好意を持って接するように心を切り替えましょう。

上司は部下から遠慮されたり嫌な態度をされたりすると、その真意に敏感に反応して、あなたを「苦手な部下」だと思ってしまいます。

この場合、「相手をネガティブに見るとその感情が相手に伝わって相手も自分をネガティブに見る」「嫌悪の報復性」が起こっているのです。

この状態が続くとお互いを嫌悪しあう最悪の関係になってしまいます。今すぐ修正が必要です。

憎しみが憎しみを生む…でも、どうすれば?

「嫌悪の報復性」の逆、「好意の返報性」を起こしましょう。

「好意の返報性」とは、「自分が相手に好意を示すことによって、相手も好意を返してくれる」ことを指します。

もちろん100%相手が好意を返してくれる保証はありません。

しかし、少しずつでも好意を示し続けていけば、相手もある程度和らいで最悪の関係から抜け出すことができるはずです。

上司の良い部分を見つけるようにしましょう。そして、ちゃんと感謝の言葉を伝えたり気遣いを心がけるようにしましょう。

聞き上手になろう

聞き上手になろう

あなたは、上司に対して反応が薄かったり不愛想だったりしませんか?

仮に仕事ができるからといって、必ずしも上司に好かれるわけではありません。

上司にとって、コミュニケーションの取れない部下はかわいくないものなのです。

「相手の話をきちんと聞いて共感できる」、聞き上手を目指しましょう。

別に愛想を振りまいたり、気の利いた冗談を飛ばせるようになれという意味ではありません。

「この人は自分の話をちゃんと聞いてくれる」と思ってもらえればいいのです。

聞き上手になるためのポイントは、以下の通りです。

話を最後まで聞く
相手の話を否定しない
自分の話にもっていかない
持論を語りすぎない
相手のペースに合わせる
相手の言いたいことを考えながら聞く

基本的には相手が7割話して、あなたが3割話すようにすればいいと言われています。

部下と上司の関係にあてはめれば、なんとなくちょうどよさそうな割合だなと感じるのではないでしょうか?

実際、あの推しが強そうなイメージのある営業マンでさえも、聞き役に徹して親身にお客さんと会話することで、成績を上げている人がたくさんいるのです。

ぜひ、あなたも聞き上手を目指して上司からの信頼を獲得していきましょう。

悩みを打ち明ける

悩みを打ち明ける

勇気をだして、上司に悩みを打ち明けてみましょう。

仕事のコンプレックス、職場での不安、将来のキャリア像…。

部下が素直に自分の考えや不安を表すと、上司は部下を育てようという意欲がわいてきます。

なぜなら、自分を頼りにしてくれると感じると、それに見合った返しをしなければならないと感じるからです。

さっき登場した「返報性」と同じ原理だね!

お互いに良好なコミュニケーションが取れさえすれば、人間関係をこじらせる要素が改善されやすくなるでしょう。

もし、普段の職場で上司に本当の気持ちや不安を言いにくいのならば、飲みの席こそ絶好のチャンスです。

「飲み会」というのは実際に愚痴のはけ口大会になったり参加を強制させられたりして、ネガティブなイメージをもたれやすいのも事実です。

しかし、飲みの席の独特の雰囲気だからこそ言えることもあります。

お酒の力で本音を語る…この力を有益に使えばいい!

もし、上司から個別に飲み会に誘われたりしたら、チャンスだと思って断らずに参加してみましょう。

もし全員参加の飲み会だったら、タイミングを見計らって上司の隣に移動して話しかけてみましょう。

報・連・相をきっちりこなす

報連相をきっちりこなす

いちいちめんどくさい…
声をかけるのが怖い…

報告・連絡・相談をするときに、こんな感情が芽生えていませんか?

理由をつけて報連相をないがしろにすれば、必ず仕事でミスが出やすくなります。

仕事でミスをすれば、あなたの信用や評価は下がります。

何回も繰り返すようであれば、あなたの信用や評価は地に落ちるでしょう。

上司が望むかたちで「報告」「連絡」「相談」ができるようになりましょう。

「別にちゃんと報連相してるよ」と思う人もいるかもしれませんが、実際のところ十分に出来ていない人がほとんどです。

なぜかというと、「報告と相談の捉え方が、上司と部下とでは違う」という厄介な理由があるからです。

諸説ありますが、報告と相談のベストタイミングとして

上司が出席する会議の3日前
月初め・週半ばの水曜日

を心がけ、「まめな中間報告」で上司を安心させましょう。

また、上司に報連相する際は、以下の4要素を正しい順番で伝えましょう。

  1. 上司に「なんの話か」を伝える
  2. 上司に「話の結論」を伝える
  3. 上司に「何をすればいいのか?」を伝える
  4. 上司の「なぜ?」に応える

具体例に当てはめると、こうなります。

  1. 改善案の件で相談があります
  2. 結論からいうと、〇〇案でいきたいです。また、他にも…。
  3. 案を3つ用意しました。どれが一番いいかご判断ください。
  4. なぜ一つ目の案が良いかと言うと…。一方…。

主張を分かりやすく、そして、上司が答えやすくする伝え方が大切です。

最後まで聞いてようやく結論が分かるようでは、忙しい上司の時間を割くので嫌われます。

また、「どうしましょうか?」と丸投げする相談は、上司の負担が大きくなります。

結論を先に提示して、選択肢を複数提示するのが一番上司にとってありがたい伝え方です。

「上司の負担を軽減させる」ことを念頭に、報連相のやり方を変えていきましょう。

自分のことばかり考えず相手を思いやる

相手を思いやる

自分が上司に好かれるにはどうすればいいかばかりを気にして行動する…

この場合だと自分が得することばかり考えていて、上司の気持ちに寄り添うことができていません。

相手と打ち解けたいのなら、自分が相手をどうさせたいかを考えるのではなく、自分は相手に何がしてあげられるかを考えましょう。

例えば、あなたからお金を貸してほしくてやたらゴマをすってくる知人がいたらどう思いますか?

絶対「こいつカネ目当てだな」というのが透けて見えるでしょうし、相手を信頼しようともお金を貸そうとも思わないですよね。

これと同じで、自分の願望のために、相手を変えようとしたり変わるのを期待したりしても、決してうまくはいきません。

実際に、シアトルパシフィック大学の行った研究によると、「他人のためになる行動を目標とした人のほうが、自分のためになる行動を目標とした人よりの人間関係のトラブルを起こしにくかった」という研究結果がでています。

この「他人のためになる行動を目標とする」ことを、「コンパッション・ゴール」といいます。

「コンパッション・ゴール」を目指すためには

  1. 他人に共感する
  2. 他人に害を与える行為はしない
  3. 自分中心な行動を控える
  4. 他人の役に立つ行為をする
  5. 他人に親切にする
  6. 他人の失敗に寛容になる
  7. 建設的な会話を心がける

この7つのポイントをおさえて、日々言動を心がけましょう。

まとめ

今回は「上司との良好な関係を築く方法」として5つの方法ご紹介しました。

自分から好意を向ける
ちゃんと人の話を聞いて話す
悩みを打ち明けて距離を縮める
報連相をきっちりこなす
自分のことばかり考えず上司を思いやる

本記事でまとめた方法を心がけて、愛され部下を目指しましょう!