おうちで充実生活

朝型・夜型どっちが正義?4つの睡眠タイプを診断して理想的な1日の過ごし方を知ろう

朝型 夜型 診断

「無理した朝活には意味がない」

そう結論付けたのが、Dr.Michael Breus Vermilionさんの研究です。

なぜかというと、「人間の生活リズムは遺伝子によって決まっている」から。

「早起きは三文の徳」ということわざがあるけれど、遺伝子の解析が進んだ現代において、このことわざは必ずしも全員に当てはまらなくなっているのです。

では、どうしたらいいのか?

あなたの遺伝子に合った「睡眠タイプ」を知って、あなたにぴったりな起床時間・就寝時間や集中すべき時間等を生活に取り入れていきましょう。

本記事では、睡眠タイプの種類や特徴、診断方法、活かし方について解説していきます。

朝型も夜型も、自分に合った生活リズムで最高のパフォーマンスを叩き出そう!

そもそも朝型と夜型ってなに?

ここで朝型と夜型について、定義を確認しましょう。

朝型:早く寝て早く起き、午前中に集中力が高くなるタイプ

夜型:遅く寝て遅く起き、夕方以降に集中力が高くなるタイプ

実際に、朝型と夜型では1日における体温変化が異なります。

朝型 夜型 体温リズム出典:https://kaimin-times.com/night-person-13309

 

両者で適した生活リズムが異なるのは当然だね!

自分の睡眠タイプ「クロノタイプ」を診断しよう

睡眠タイプ「クロノタイプ」とは

アメリカの睡眠医学会のマイケル・ブレウス(Michael Breus)博士は著書「Power of When」において

「わたしたちの睡眠タイプは遺伝子によって4つに分類することができ、遺伝子によってそれぞれ理想的な睡眠タイプが存在する」

ということを公表しました。

この睡眠タイプのことを「クロノタイプ」といいます。

さらに、博士はクロノタイプを「ライオン・クマ・オオカミ・イルカ」という4種類の動物にあてはめて分かりやすく分類しました。

ニューヨークタイムズによると「自分のクロノタイプを知ることで、最もパフォーマンスを発揮できるスケジュールに調整することができ、成功への近道になる」とのこと。

つまり、あなたが自分のクロノタイプを知ることで「本来夜型なのに無理やり朝活をして体調を崩す」「本来朝型なのに夜遅くまで仕事をして体調を崩す」といったトラブルを事前に回避できるようになるのです。

睡眠タイプ「クロノタイプ」の診断方法

クロノタイプの診断方法はいくつもありますが、本記事では簡易的なものを紹介します。

実はクロノタイプって「性格」でも、ある程度診断することができるんです!

ライオン型:外向的で、リーダー気質で楽観的

クマ型:外向的で、親切かつ開放的

オオカミ型:内向的で、冷静かつ気分屋

イルカ型:内向的で、知性的かつ慎重

あなたは、どのタイプに当てはまりましたか?

「ライオン・クマ」で悩んでいる人は「朝型」、「オオカミ・イルカ」で悩んでいる人は「夜型」でほぼ確定です。

「ライオンとクマ、この2択のどっちだろう?」と思った人は、次の「4種類のクロノタイプの特徴」を読み進めてください。

「もっと正確に診断したい!」という方はこちらの「朝型夜型質問紙」をどうぞ

4種類のクロノタイプの特徴

では、4種類のクロノタイプにおける、各特徴を見ていきましょう。

超朝型・ライオン型

ライオン型は、全人口の15%を占める超朝型タイプです。

性格特徴楽天的・リーダー気質・現実的
就寝時間22時
起床時間6時
睡眠時間7時間以上
集中できる時間帯8-12時

午前中が最も活発なので、重要なことは午前中に終わらせ午後に持ち越さないように心がけましょう。

昼を過ぎると集中力が低下し、夜は早めに就寝します。

仕事熱心でバリバリ働く人が多く、朝活が一番似合うと言っても過言でないのがこのタイプです。

朝型・クマ型

クマ型は、全人口の55%を占める朝型タイプです。

性格特徴好奇心旺盛・開放的・社交性
就寝時間23時
起床時間7時
睡眠時間7時間以上
集中できる時間帯10-14時

午前中が一番活動に適しており、午後からは眠くなるためパフォーマンスが下がってきます。

重要な会議は午前中に設定し、午後からクリエイティブな業務をすると効率よく作業を進められるでしょう。

十分な睡眠を必要とし、睡眠が足りないと一日中眠気に襲われやすいのがこのタイプです。

その場合、クマ型は社交性が高いタイプであるため、人とコミュニケーションをとることで活力を補充していきましょう。

夜型・オオカミ型

オオカミ型は、全人口の15%を占める夜型です。

性格特徴クリエイティブ・冷静・気分屋・内向的
就寝時間24時
起床時間7時半
睡眠時間7時間以上
集中できる時間帯17-24時

朝は弱く夜更かしは得意。それなのに睡眠時間は7時間以上必要。

朝早い登校時間や出社時間のコミュニティに属していると、一番大変な思いをするのがこのタイプです。

午前中は簡単な単純作業や雑務を割り当て、夕方以降にクリエイティブな作業や重要な予定を立てると効率よく作業を進められるでしょう。

超夜型・イルカ型

イルカ型は、全人口の10%を占める超夜型です。

性格特徴知的・頭の回転が速い
就寝時間23時半
起床時間6時半
睡眠時間6時間
集中できる時間帯15-21時

典型的な夜型生活だけど睡眠時間は短くても大丈夫な、ショートスリーパーが当てはまります。

脳が常にオン状態であるため疲労を溜めやすく、そのため1つの仕事に集中して取り組むのがベストです。

また、体内時間に左右されず活動できる反面、生活リズムの組み立てに無頓着なところも。

睡眠時間が短くても大丈夫な型とはいえ、不眠症にならないよう寝る時はリラックスしてできるだけ何も考えずベットに入るようにしましょう。

クロノタイプの今後の活かし方

読み進めていくうちに、自分の睡眠タイプと実際の生活リズムが噛み合ってないことに気付く人も多いことでしょう。

「自分はオオカミ型だ、でも今の仕事だと朝6時には起きないといけない毎日…、だからこんなに身体がきついんだ」

そういった場合は、生活を根本から見直す、つまり転職を視野に入れるのも一考です。

  • 今よりも出社時間が遅い会社に転職する
  • フリーランスとして働き始める

今後どんなキャリアを描きたいか、プライベートをどう確保したいかをあなた自身に問いかけてみましょう。

転職の際は、あなたの市場価値を診断してくれるアプリ「MIIDAS(ミイダス)」がおすすめです

また、

「クマ型なのに、先延ばし癖があってつい重要なことを夜まで手を付けずにいた」

という方は、今後「重要なことは先延ばしせず、体力が残っている午前中に済ませよう」という指標を大事にしてください。

自分に合った1日の過ごし方が可視化できたことで、やるべきこととその手順がハッキリするのがクロノタイプ診断の長所!

まとめ

本記事では、4つのクロノタイプを紹介し、タイプごとに一日をどう割り振って行動すればよいかについて解説しました。

クロノタイプを知ることで、あなたにとって心地よくかつ効率的な生活リズムが明らかにされたことでしょう。

実際、筆者は「オオカミ型」だったので潔く朝型を諦め、朝に読書や単純作業、夜にブログ執筆など集中力のいる作業をするようにしています。

苦手な朝にむりやり頑張る必要がなくなったし、得意な夜に作業を回すように心がけたことで、集中度も作業効率も上がったのを体感しています。

是非これからは、自分のクロノタイプにあった生活リズムを実践してみてくださいね!