おうちで充実生活

バレンシアガペーパーミニ財布をレビュー!便利だけどロゴが消えやすいって本当?

バレンシアガペーパーミニ財布は、便利だけどロゴが消えやすいって本当?

最近電子決済を使う機会が増えてきて、「小銭やお札を使う機会が少なくなってきた」「財布邪魔だな…」と思うことが増えてきていませんか?

現在その時代の流れとともに、必要最低限のお金やカードだけを持ち歩く「ミニ財布」が人気を集めています。

なかでもミニ財布としていち早く人気を博したのが「バレンシアガ ペーパーミニウォレット」です。

現在でも人気カラーは入手困難なものも多く、ミニ財布ブームの火付け役ともいえる人気商品です。

そんな「バレンシアガ ペーパーミニウォレット」を実際に利用してみて

この小ささで本当に使いやすいのか?
どれくらい小銭やカードを入れたい人に向いているのか?
使い続けないとわからない欠点は何なのか?

など、解説していきます。

バレンシアガペーパーミニ財布のメリット

小さい!軽い!

高さ7.0㎝、幅10.0㎝、まち幅4.0㎝となっています。

今までの財布の常識からは考えられないくらい、とてもコンパクトです。

きつめのジーンズではないかぎり、ポケットにすんなりおさまります。

お会計の時も、わざわざバッグを取り出す必要はありません。

また、バッグに入れたとしてもかさばらないのが大きな魅力です。

カードや小銭がすぐ取り出せる

写真のように側面からカードが引き抜ける仕組みになっています。

カード入れは3ポケットついていますが、一応最大で6枚いれることができます。

筆者の場合は、「免許証・クレジットカード・交通ICカード」の3枚のみ入れています。

病院に行くときは保険証を入れたり、銀行に行きたいときはATMカードを入れたりと、必要に応じてカードは出し入れしています。

「めんどくさそう」「忘れやすそう」と思う方もいるかもしれません。

ですが、逆にいつも「免許証・クレジットカード・ICカード」しか持ち歩いていないぶん、「今何のカードが財布に足りないか」がはっきりわかります。

たっぷり入る長財布のように、「あのカードはどうせ財布の中に入っているから大丈夫だろう」という慢心がなくなるので、かえってカード忘れがなくなると筆者は感じています。

カードをどうしても10枚以上持ち運びたいという人は、別でカード入れを持参すればよいでしょう。

 

また、小銭入れは前面についていてボタン一つで開閉することができます。

 

カード決済やちょっとした現金での買い物の際は、今までよりもスマートにお会計ができるようになって便利です。

革が上質

「バレンシアガ ペーパーミニウォレット」ではカーフスキンを100%使用しています。

実際に革の手触りや使い心地がとても柔らかく、しなやかになっています。

合皮財布にありがちな「硬さゆえの使いづらさ」というものがありません。

質の良い革製品を持つだけでも、気分がアガりますよね。

バレンシアガペーパーミニ財布のデメリット

最小限のものしか入れられない

 

このサイズの財布が向いているのは、

支払いはカードか電子決済が中心で、小銭やお札は現金払いの店だけ

の人です。

カードだけでなく、小銭入れやお札入れに入る枚数にも限界があります。

筆者の体感ですが、お札なら5枚程度、小銭ならサイズにもよりますが5、6枚程度で少し閉めづらくなってきます。

また、長いレシートを受け取る際、場合によって不便に感じることがあります。

小銭とレシートを別々で渡してくるタイプなら大丈夫なのですが、レシートの上に小銭を置いて渡してくるタイプだとスムーズに収納することができないので、少し苦労します。

普段レシートは受け取らない派の人のほうが、向いているともいえるでしょう。

すぐ黒ずんでしまう

バレンシアガ公式曰く、「自然な風合いが強調されるように作られている」とのことで汚れには強くありません。

そのため手垢や擦りの影響を受けやすく、特にボタン付近やコイン入れはすぐ黒ずむ傾向があります。

実際、中古として売りに出されている「バレンシアガ ペーパーミニウォレット」を見るとよく分かります。

一度、メルカリやヤフーオークション等で検索して調べてみてください。

こまめに革の手入れをする習慣がある人は長持ちするでしょうが、しない人には持ちが悪く少し残念な状態になるかもしれません。

ロゴが消えやすい

バレンシアガのペーパーミニ財布は、財布の正面に銀文字で印字してあるスタイルになります。

このロゴ、実はとても消えやすいって知っていますか?

ふと気になったので購入店舗に行って「ロゴが消えた場合復元できるか」と問い合わせたところ、

同じロゴを上から重ねるのは技術的に難しいのでやっていない

と言われました。

つまり、使用感を重ねてロゴが消えてしまった場合、ロゴの復活は正規修理ではしてもらえないということになります。

せっかくのハイブランドなのに、ロゴが数年足らずでで消えてしまうと思うとなんだか悲しいですね。

ミニ財布が欲しいならこの2つも候補!

筆者がミニ財布を買うときに二択で迷ったのですが、そのもう一つが「プラダのミニ財布」です。

バレンシアガと違って、ロゴデザインが立体になっているのと汚れや擦りに比較的強い素材を使用しているので持ちは良いかと思います。

また、機能面や値段、大きさもバレンシアガと謙遜ありません。

筆者は、もともとバレンシアガを愛用していたのとロゴが目立つデザインは好みではなかったので最終的にバレンシアガを選びましたが、

持ちの良さを考慮するとプラダに軍配が上がるかと思います。

また、「バレンシアガのデザインがかわいいけど別にハイブランドでなくてもいい…」という人にはMALTAのミニ財布をお勧めします。

素材は牛革でかつ機能面にほとんど差がなく、お値段はバレンシアガの10分の1ほどとお値打ち価格です。

筆者が見かけた中では、普通ブランドのなかでは一番バレンシアガに近いミニ財布かと思います。

おわりに

色々なメリットやデメリットを含めて、筆者はバレンシアガのペーパーミニ財布を気に入って愛用しています。

前述したデメリットも、数年使ってどんどん買い換えたいという人やこまめに手入れする人には特に問題ないことかと思います。

ただ、ミニ財布自体がお札や小銭でのお会計が多い人にとってはどうしても使いにくい財布となっています。

まとめると…

クレジットやペイ払い中心の人
財布が大きいと不便だなと感じる人
ポイントカードを集めない人
支障なくポケットに財布を入れたい人
ちゃんと革の手入れをする人

このような人にとっては、長く愛用できる最高の財布になると思います。

自分にとって使いやすいかどうか、自分のニーズに合っているかどうかを良く考えて、購入を検討してみてくださいね。

※筆者の持っているミニ財布は初代デザインのものになります。最新のデザインはロゴ表記に「PARIS」の文字が消えています。