おうちで充実生活

脂性肌で悩みまくった自分が出会えて良かった化粧水+オールインワンジェルはこれ!

脂性肌で悩みまくった自分が出会えて良かった化粧水+オールインワンジェルはこれ!

こんにちは!ばぜっとです。

だんだん暖かくなってきて、衣類と同時にスキンケアも衣替えの時期ですね。

脂性肌の人間にとって暖かい季節はべたつきやテカリが目立ちやすくなるので、春夏のスキンケア選びは重要度が高いかと思います。

実際、男並みの脂性肌で悩んでいる筆者はいろんなスキンケアを試しては効果を得られずにスキンケアを変えて…と試行錯誤を繰り返してきました。

保湿が弱いと逆に乾燥してニキビが出来るし、保湿が強いと毛穴が詰まってニキビができる!絶妙な保湿を求めて三千里
地獄街道っすね…

そんな筆者でもここ数年は春夏に使用するスキンケア製品は安定していて、とある化粧水+オールインワンジェルの組み合わせが必須となっています。

そこで、今回はそのとある2つの商品を皆さんに紹介していきたいと思います。

そもそも脂性肌って?

脂性肌とは、普通肌よりも水分と油分がともに多い肌の状態を指します。

Tゾーンは皮脂の分泌が多くなりやすく、見た目はテカリ触るとべたつきます。

特に皮脂の分泌が多くなる夏になると、症状は悪化し目立ちやすくなります。

自分事過ぎて書いててなんだか悲しい…(笑)

ニキビや毛穴のつまり・黒ずみ等の肌トラブルに見舞われやすい肌質です。

普通の人よりも化粧崩れをしやすいため、外出時は何かとテカリ・べたつき隠し対応に追われてちょいちょいトイレで化粧直しする羽目に…。

いいことないなあー。

脂性肌の原因

まず、皮脂の分泌を促すのは「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンです。

「テストステロン」は思春期と30~40代の時期に多く分泌される傾向があり、この時期は注意が必要です。

脂性肌の人間は普通の人よりも皮脂腺が発達しており、「テストステロン」の分泌が活発なのでどうしても肌がべたつきやすくなってしまっているようです。

「ホルモンの分泌異常」のほかにも、脂性肌の原因には

遺伝
季節性
間違ったスキンケア
生活の乱れ
食生活の乱れ

等があります。

「スキンケア」「生活の乱れ」「食生活の乱れ」は自分の努力次第で改善できますが、「遺伝」「季節性」は自分の力ではどうしようもありませんよね…。

筆者は母親が乾燥肌で父親が脂性肌なんだけど、色んな部分が父親似だから肌質も遺伝を受け継いだ可能性大…

そして脂性肌の一番の原因と言われているのは「遺伝」ですから、脂性肌として生まれてしまった以上「スキンケア」「生活の乱れ」「食生活の乱れ」には人一倍努力が必要です。

そのなかでも「スキンケア」は向き不向きの個人差が生じやすく、自分の肌に合ったスキンケアを見つけなければ、いくら努力しても無駄になってしまいます。


おススメのスキンケアの組み合わせ

ドクターシーラボ VC100エッセンスローションEX

商品名 株式会社ドクターシーラボ VC100エッセンスローションEX
値段 5076円
内容量 150ml

 

エイジングケア・ニキビ・ニキビ跡・シミ・黒ずみ等あらゆる肌トラブルに対応することができ、「MAQUIA ベストコスメ2018条半期」にも選ばれた実績のある化粧水です。

「100倍浸透ビタミンC」「浸透発酵コラーゲン」を配合しているのが特徴。

「100倍浸透ビタミンC」は水溶性ビタミンC誘導体の素早い浸透力と油溶性ビタミンC誘導体の高い浸透力、両方を兼ね備えた新しいビタミンC誘導体です。

脂性肌の化粧水選びのポイントとして、「皮脂の分泌を抑えるビタミンC誘導体を配合した化粧水を選べ」というのは割と最近鉄板ネタになりつつあるので、最新のビタミンC誘導体を配合している「VC100エッセンスローションEX」は優秀にほかならないでしょう。

また、「浸透発酵コラーゲン」は加水分解コラーゲンをさらに小さい分子に発酵・分解しており、より角層のすみずみまで栄養素を届ける効果があります。

もちろん、無香料・無着色・パラベンフリーでお肌に負担をかける成分は入っていません。

さわやかな柑橘系の香りも心地よく、好印象です。

トロみのあるローションにしては肌になじむのが早く、使い続けると肌がしっとり・ふっくらしていく印象を受けます。

さすがに真夏だとトロみが少し不快に感じる場面もありますが、他のさっぱり系化粧水を使うぐらいだったらこのトロみを多少我慢して使ったほうが肌質改善の面では遥かにマシです。

この化粧水を使うようになってから、オールインワンジェルだけではなんとなく物足りなかった保湿を完全にカバーしてくれるようになりました。

不足しがちであった肌水分量の浸透力+皮脂の分泌抑制効果が自分には合っていたのだと思います。

メディプラスゲル

商品名 株式会社メディプラス メディプラスゲル
値段 3996円
内容量 180g

化粧水・乳液・美容液・クリームの4役を1つでこなすことができ、累計1000万本以上売れている人気のオールインワンジェルです。

とはいっても、メディプラスゲルだけじゃ正直あと一押し足りないから、上記の化粧水との併用をオススメするよ!

「APPS」「フラーレン」「グリチルリチン酸2K」「セラミド」を配合しているのが特徴。

「APPS」は新世代ビタミンC誘導体と呼ばれており、上記のシーラボ化粧水と同様に水溶性と脂溶性の両方の性質を併せ持っています。

「フラーレン」は、肌本来のバリア機能を回復させる役割があり高い抗酸化作用を持っています。

美白効果があるため、ニキビ跡の色素新着を改善する効果が期待できます。

「グリチルリチン酸2K」は、炎症を抑える役割がありニキビのケアに効果を発揮します。

「セラミド」は脂性肌にとっては欠かせない保湿成分であり、水分や脂分を体内に閉じ込める役割があります。

このセラミドが不足してしまうと肌が乾燥してしまい、皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまうため外部からセラミドを補充してあげる必要が出てきます。

メディプラスゲルには3種類のセラミドが含まれており、その中には低刺激かつ高浸透で体内のセラミドとほぼ同じ化学構造になっている人型セラミドも含んでいるため、失ったセラミドを補充するのに「メディプラスゲル」はうってつけなのです。

他にも密着型ヒアルロン酸や14種類のアミノ酸、2種のコラーゲン等約66種類の美容成分をたっぷり配合しています。

防腐剤やシリコン、アルコール、合成着色料、石油系界面活性剤等は一切含んでおらず、安全性が高いのも高評価。

テクスチャは軽めですーっと肌に広がってくれます。軽い割に肌はべたつかずしっとりしてくれるので、ジェルのべたつきが春夏は煩わしい脂性肌にとってはお勧めできる商品です。


秋冬はオールインワンジェルだけ変更!

今回は春夏向けのスキンケアを紹介しましたが、この2商品だと秋冬は少し保湿力不足になってしまいます。

シーラボの化粧水はそのまま秋冬も使用し続けて問題ありませんが、秋冬のオールインワンジェルは「素肌しずくリッチ」を筆者はお勧めしています。

「素肌しずくリッチ」批評雑誌LDKのオールインワンジェル部門で1位に輝いた、成分よし保湿よしコスパよしの超優秀商品です。

「素肌しずくリッチ」について詳しく紹介した記事も投稿していますので、よければ是非読んでみてください。

LDK一位素肌しずくリッチを使い切った一週間後にニキビが大量発生した話
LDK1位「素肌しずくリッチ」を使い切って1週間後大人ニキビが大量発生した話【レビュー】LDKでオールインワンジェル部門1位の「素肌しずくリッチ」。筆者はこのジェルと相性良すぎて、「素肌しずくリッチ」を使わなくなった途端大人ニキビた沢山できてしまいました涙 1位になった実力や実際の使用感について解説します。...

おわりに

いかがでしたでしょうか。

春夏に使う今回の化粧水+オールインワンジェルのことや秋冬に使う「素肌しずくリッチ」のことを振り返って思うのは、

「脂性肌のスキンケアは少しベタベタするぐらいがかえって良い」

ということです。

さすがに夏にテクスチャの重いオールインワンジェルを使っては、皮脂過剰分泌につきニキビ大量発生コースが待ち構えていますのでそこは避けますが、

脂性肌だからスキンケアをさっぱり系にしたい→肌の水分・保湿不足→皮脂の過剰分泌+ニキビ大量発生

というルートが実はとても見過ごされがちなのです。

基本的に春夏のオールインワンジェルはテクスチャが軽めのやつにしても問題ありませんが、その分必ず保湿力に優れた化粧水で水分量のカバーをしてあげてください!

今年の夏は脂性肌トラブルを少しでも軽減できるよう、日々のスキンケアを頑張りましょう!