仕事術

もう電話に怯えない!電話が苦手な理由を知って電話嫌いを克服する方法

もう電話に怯えない!電話が苦手な理由を知って電話嫌いを克服する方法
こんな人向けの記事です

電話が苦手で仕事や生活に支障が出ていて不便だと感じている人

電話嫌いを克服する方法が知りたい人

「電話かかってきてるけど出たくないから誰か代わりにとってくれないかな…」

「折り返しの電話するの緊張するからやりたくない…ボタン押せない…」

職場でこんなこと思った経験はありませんか?

かかってきた電話ってどこの誰がどんな用件なのか全くわからないし、できるだけ避けたいって思っちゃいますよね。

折り返しの電話だって、最初どうやって切り出せばいいのか、うまく用件を伝えられるかが不安で、できるだけメールで済ませたくなりますよね。

そもそもどうしてあなたは電話が苦手と感じてしまうのか、うまく説明できますか?
あなたが電話を苦手とする理由には、実は共通点があるんです。

生きていく限り電話対応は仕事でもプライベートでもついてくるもの。

もし、プライベートでもコールセンターに質問する勇気がでずにわざわざ時間をかけてネットで検索したり、電話予約しかない飲食店の予約を諦めたりしている経験があるのなら、
この機会にスパッと苦手意識を絶つ方法を知って、克服したほうが今後楽になりますよね!

ですので本記事は、「電話が苦手な理由」「電話嫌いを克服するための対処法」について解説していきます!

電話が苦手な理由

即興だと上手く話せない

その場で聞かれたことに対してすぐに答えなければならない状況は、緊張感がありますよね。

自分の考えがまとまらないうちに何かしら発言しないといけないので、自分が思い描くようにうまく表現できないときだってあります。

それに、焦ってしまってつい失言してしまう可能性も大いにあります。

電話が苦手!という人の多くは、「電話よりもメールのほうが楽!」と思っていることでしょう。

顔が見えない相手との会話は不安


相手の表情が見えない状態での会話は、相手の口調でしか感情を読み取れないためにあなたを不安にさせます。

「もしかしたら相手が怒っているかもしれない」と思い、自分の電話マナーが非常識だったのかな?と思わず自身を責めてしまうんです。

また、相手の表情が見えなくてかつ知らない相手との電話はあなたをさらに不安にさせます。

ひどいときは電話をかけるかかけないかで、何時間も悩んだり先延ばしにしたりすることでしょう。

「顔が見えない相手」と「ヘマをせずに対応する」という状況自体を、難易度が高いと感じる人が多いんです。

他人から会話を聞かれるのが嫌


他人から自分の電話対応を聞かれるのが恥ずかしいって人いませんか?

「自分の下手くそな電話対応を聞きながら内心誰か笑っているかもしれない…」

自分の電話対応に自信がない人は、他人からマナーがなっていない、会話が下手くそだ、と思われることに恐怖を持っています。

なので、できるだけ自分ひとりになる場所で一呼吸おけるまで電話をかけなかったり、着信があってもわざとでなかったりします。

第三者からの失敗や嘲笑を恐れることで、電話への恐怖が増してしまうんですね。

会話に行き違いがあると面倒


電話で相手とやりとりしていると、言ったとか言わなかったとかで揉めることありますよね。

メールだと会話をさかのぼることができますが、電話だと録音でもしてない限り会話をさかのぼることができません。

真相は闇の中になりますから、たとえこちらに非がなくて相手の勘違いであったとしても、あなたが平謝りしなければならない事態になることでしょう。

そんなの理不尽だし、やってられないですよね。

それに双方の過去の発言を振り返って見直すこともできませんから、あとから冷静になって考え直すという機会を失いがちです。

このように、リアルタイムで会話がどんどん流れていくことがかえって非効率的であると好まない人も多くいます。

理由には共通点がある!

上記にあげた理由を見て「共通点」があることに気づきましたか?

電話対応が苦手だと思う理由、それは「自信のなさ」にあるんです。

もし、「他人から会話を聞かれても平気なぐらい電話対応スキルに自信があって、よく知らない相手と即興で話すことが得意で聞き漏らしもなくてスムーズに話せる」のであれば、

そもそも電話対応が苦手であることに悩んだりしませんよね。

そして、なぜ電話対応スキルに自信がないのかというと、①経験・知識不足②本人の気質の2つの理由があります。

①経験・知識不足は電話対応に関するテクニックやルール・マナーを自ら学んで行動する必要があります。

②本人の気質についてですが、気質は刺激等に反応する行動特性のことであり、先天的なものなので変えられるものではありません。
刺激に弱い「内向型」と呼ばれる人間は、「人見知り」「自意識過剰」であることが多く、電話対応が苦手な人に多い気質です。

「自分の先天的な気質ってなに?」「自分はもしかして内向型なのかな?」と思った方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

一人の時間が大切な人は「内向型」という言葉を知ってほしい!まずは自己診断テストをしてみよう
一人の時間が大切な人は「内向型」という言葉を知ってほしい!まずは自己診断テストをしてみよう「内向型」という言葉をなんとなく聞いたことあるけどいまいちわかっていないという方多いのではないでしょうか?「内向型」と「外向型」の違いや自分がどちらのタイプなのかについてこの記事では解説します。...

ですが、自分が生まれ持って備わった気質を否定することは、自分の人生や人格を否定することにつながります。

ですから、もしあなたが電話対応が苦手であったとしても、自分という人間の気質を責める必要はありません。
テクニックやマインドコントロールで電話対応を切り抜けられるようにしたらいいんです!

理由がわかれば克服に向けて努力すればいいのですが、人間だれしも「自分の欠点や苦手を解決すること」を面倒くさがります。

自分の欠点や苦手と向き合うことに抵抗を感じてしまうんですね。

アドラー心理学では、「自分が変われないのは、自らに対して変わらないという決心を下しているから」という見方をします。

変わるためには努力しなければならない、けれども努力したところで報われる保証はない。
それなら色々と今の自分に不満があっても、「このままの自分」でいるほうが楽で安心だと考えるのです。

ですが、「できない理由」をあれこれ並べ立てて「このまま変わらないでおこうと決心」することは、人生長い目でみればひどく息苦しい生き方です。

そのためアドラー心理学では、「変わろうとする勇気」が必要なのだと説いています。

少しアバウトにお話ししましたが、この話を聞いて「アドラー心理学っておもしろいな」「勇気って具体的には?もっと詳しく知りたい」と興味を持った方は、「嫌われる勇気」を一度読んでみてください。

Amazonでカスタマーレビューが2700超えの超人気作です。買わなくてもカスタマーレビューを読むだけでも人生観が変わりますよ。

では話を戻しまして、これから「電話対応スキルに自信を持つにはどうしたらよいか」について述べていきます。

電話嫌いを克服する対処法

電話対応の知識を身につけよう

「無知ほど怖いものはない」といわれるように、電話対応の仕方がわからないのであれば電話対応が怖いのは当然です。

電話対応の仕方、つまり基本のマニュアルを頭に叩き込みましょう。
世間では「何事も基本は大事」と言われている一方で「基本をおろそかにしがち」ともいわれています。

電話対応の基本さえしっかり身につければ、それだけでも十分見違えますよ!

電話対応のマニュアルについては、この記事が参考になります。

また、本を参考にするのも一つの手です。より専門的な内容が盛り込まれています。

なんとこちらは100円・300円で買えちゃいます(19年4月現在)2冊買っても500円以下です。

自分への投資がコンビニ弁当代くらいで済むのですから、だいぶコスパいいですよね。

混乱しない工夫をしよう

①メモをとりながら話す

電話をするときは、できるだけメモを取るようにしましょう。

相手に「メモを取るので少しお待ちいただけますでしょうか」と聞くのは何も失礼なことではありません。むしろ、理解しないまま話を進めるほうが危険です。

相手も「ああ、この人はメモを取りながら自分の話を聞こうとしてくれるんだな」と安心してくれます。

外出中でもメモができるように普段から準備をしておきましょう。
相手が話している内容を箇条書きで書いて、わからないと思った点についてはもう一回聞き返す。

たったそれだけでも、聞き漏らしや伝達ミスが劇的に減りますよ。

②ゆっくり、はっきりと話す

一呼吸おいて、ゆっくりはっきり話すように心がけましょう。

慌ててしどろもどろにと話すと、相手にうまく伝えることができません。

電話の相手の声が聴きづらいとイラっとくるし、聞き返すのもめんどうですよね。

営業電話でしどろもどろ話す人の商品・サービスを、あなたは買いたい・利用したいと思いますか?

少なくとも購買意欲はそがれるはずです。

ゆっくりはっきり話すことで、あなた自身も落ち着くことができて発言のミスが減るようになります。
あなたがゆっくりはっきりと話すことは、あなたと相手の双方のためになります。

緊張すると難しいかもしれませんが、常にゆっくりはっきり話すように意識してみてください。

周りを気にしない

「周りから自分の電話対応を聞かれたくない…」と思っていたとしても、あなたが思うほど他人はあなたに興味はありません。

他人があなたの電話に興味があって内心バカにしていたとしても、表立ってあなたに伝えてくる人はごく少数です。

あなたが思ってる以上に他人はなんとも思っていないので、自意識過剰になりすぎないように心がけましょう。
それでも周りが気になる人は、電話する場所が選べそうな場合、できるだけ人が少ない静かなところに移動しましょう。

雑音が入らない分電話からの声に集中できますし、周りに人がいない分リラックスできるはずです。

とにかく経験を積む!

知識はあっても経験がなければ人は力を十分に発揮できません。

いくら基本のマニュアルを頭に叩き込んでも、実践経験がなければ活かし方が分かりません。

結局、自分の不安を取り除いてくれるのは経験による「成功体験」です。
多くの成功体験を積みあげていけば、徐々に肯定感が増して自分の電話対応に自信がつくようになります。

実践は一番難易度が高くて面倒に感じるかもしれませんが、一つずつ基本を意識しながら、少ない試行回数で自信をつけられるように実践していきましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

電話対応が得意になったら、今までよりものびのびと仕事に励めるし、業績も上がりやすくなることでしょう。

マインドづくりの話が多くなりましたが、一度「苦手なものを克服するためのマインドつくりと成功体験」を経験すれば、いろんな苦手分野に応用できますよ!

アドラー心理学で言われているように「自分は変わらないと決心する」のではなく、電話対応に自信がつくよう一つずつ努力していく勇気を踏み出してくださいね。


↑よければ押してください↑